どこまで一般漫画なのか?その境界線を探る

漫画を読むことが好きなので、毎日いろいろなマンガを読んでいるが、どうも納得できないというか、よくわからないことがある。

それは、いわゆるアダルト漫画と一般漫画でエロがあるものとの違いだ。

よくいわれるのが、一般漫画はストーリーが中心でエロやエッチなシーンは、その中の一つ。

逆に、成人向けというか大人なマンガは、もうそれが目的みたいな感じなんだろう…

あとは、描写の問題だろうかがっつり濡れ場シーンを描いていれば、

成人

となり、ぼかして書いてれば

一般漫画

といえるのかもしれない。

ちなみにニコニコ大百科では以下のような定義になっている。

エロ漫画は広義では上記のようなものであるが、狭義では「男性向けの商業作品」を指す。女性向けはレディースコミック、商業作品ではない同人でのエロ作品はエロ同人と呼称されることが多い。本項ではこの狭義の「男性向けの商業作品」としてのエロ漫画について主に記述する。

成人向け漫画という呼び方も使われているが、日本の漫画においてはエロ方面以外の表現内容で成人のみしか見てはいけないと制限されることがほとんど無いため、「エロ漫画≒成人向け漫画」というのが成り立っているようだ。
しかし、一般漫画とはいえがっつり描いているのも意外にある。

例えばこんな漫画は一般?

有名なマンガで「トラぶる」という漫画がある。

一応ストーリーはあるのだが、いえね。もう、ガッツリエロ目的ですよね。と思うように毎回のようにセクシー描写がでてくる。
少年誌なのでマイルドはマイルドだが、うまいこと隠して肝心なものは見せない工夫はすばらしいと思う。

あと、結構きわどいとおもったのが、

デスラバという漫画。

マンガの本編内では、なんとかやりませんが。補足的なマンガではがっつり本番ってます。ええ。

これも少年誌だというから、すごいですね。

いろいろ調べてみましたが、そういったセクシー系のマンガは結構あるようで、以下のサイトなんかではセクシー系のマンガがたくさんあるということがわかる。

一般漫画ワールド

そう考えると、結構境界線はあいまいで、出版社が成人といえば成人。一般といえば、一般なのかもしれない。